オンラインカジノ

オンラインカジノのおすすめランキングや違法性について。

オンライン カジノ 違法

   

 

オンラインカジノは結局違法なのでしょうか。

まだ記憶に新しい2016年3月にイギリスの「スマートライブカジノ」で遊んでいた男性3人が逮捕された事件がありました。

あの印象だけ残っている方にとっては、オンラインカジノは「違法性がある」と思われている方もいるかもしれません。

 

しかしながら、現実は一概に「違法性がある」と現段階で言えないのが正解です

 

オンラインカジノの違法性が初めて問われた事件

 

3月10日、京都府警サイバー犯罪対策課などは、海外で開設された無店舗型オンラインカジノで賭博をしたとして、大阪府などの3人を単純賭博容疑で逮捕した。

事の発端はこの2016年3月の事件でしたが、世の中は東京五輪合わせたカジノ構想やカジノ法案などで沸いていましたが、そんな中で京都府警による突然の逮捕劇でした。

逮捕された3名の男性はスマートライブカジノというイギリスのオンラインカジノでブラックジャックをプレイしていたそうです。

 

もともと現行の日本の賭博罪では以下の前提があります。

賭博開帳者と賭博者が一緒に処罰される『必要的共犯』

スマートライブカジノはイギリスのオンラインカジノサービスを提供している会社なので、この会社が処罰されない限りは賭博罪は成り立たないんですね。

 

ところが京都府警は逮捕に踏み切りましたがなぜスマートライブだったのでしょうか

売上的には他に大きなサービスがいくつもある中目を付けた理由は、スマートライブカジノの日本ユーザー向けであったことが引き金となったようです。

※すでにスマートライブカジノは会社をたたんでしまったようなので以下はネット上で拾った情報になります。

日本語対応

まだまだ日本語に完全に対応しているサイトが少ない中、スマトラは日本語対応で運営していたそうです。

日本人ディーラーだった

ディーラーも日本人なので、もちろん日本語でのゲームになりますが、この点も日本人限定にとらわれる一端となったそうです。

日本人に適した賭博の開催時間

賭博の開催時間は日本時間の夕方から深夜にかけてと時差も考慮しての配信となりました。

 

 

これら日本人のユーザが使いやすいようにしていた仕様が裏目となって、白羽の矢が立ったそうです。

逮捕の決め手は?

2016年に逮捕された3名の方ですが、逮捕の決め手は以下の3点だったそうです。

他プレイヤーの賭け状況がみえた

スマトラはプレイ中にほかの方の賭けている状況が見えました。

この時の状況と次に説明するクレジットカードとの情報照合で逮捕されたユーザーを特定できました。

クレジットカードで支払いしていた

クレジットカードでの支払いにより簡単にプレイ中に閲覧して得た情報とのつきあわせができ、逮捕者の確定ができました。

ただしスマトラ元社員さんが某掲示板に書いた情報によると、逮捕された3名はいずれもクレカではなく、ネッテラー(Neteller)での支払いをしていたそうです。

 

ネッテラーとは支払いを安全性を高める資金移動サービスで、海外のサービスにお金を払うときにネッテラーにお金を入金し、このネッテラーが最終的な支払いを行ってくれます。

こうすることでクレジットカード情報を海外の怪しいサイトに教えないで済むのでとても便利です。

ちなみにネッテラーはイギリスの金融行動監視機構から認可を受けている信用のできる支払機関です。

ブログで公開していた

ブログ上で自身のID入りの画像をアップして公開していたそうです。

これが一番の逮捕の決め手になったそうですね。

 

逮捕=有罪ではない

この一連の逮捕劇で、世間では「オンラインカジノはやっぱり違法なんだ・・・」と思われ始めていました。

ところが逮捕された3名の内1名だけは略式起訴に応じず、争うという決断をしていました。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。

略式起訴とは罪の内容を認めて罰金を払うことで釈放をされる制度で、これはつまり有罪として前科になります。

ですが何日間にも及ぶ厳しい取り調べの中で精神状態も限界になり「これな罪を認めてお金を払って出たほうがいい」と思ってしまう心理を警察も利用することもあるようです。

実際3名のうち2名は15~30万円をしはらって釈放を選択したそうです。

オンラインカジノで日本初の訴訟は「不起訴」だった

1名が裁判で争うことを決めた瞬間に、検察は「不起訴」処分にしたそうです。

つまりはおとがめなしという結果になり、この方は有罪ではなくもちろん前科もつかないことになりました。

 

検察がすぐに起訴をすると思いきや不起訴処分にしたということは、検察側も今の日本の法律では裁判には勝てないと分かっていたという解釈もできなくありません。

逮捕者2名は有罪になってしまっている中、この1名の勇気ある行動が日本で外国のオンラインカジノを利用することについての新しい解釈をもたらしました。

結局違法?合法?

現段階では「違法ではない」と言える判例があります。

ですが今後同じような逮捕劇が再び起き異なる判例が出ないとは言い切れず、またカジノ法案の法整備によってオンラインカジノの扱い方が明確になってくればどうなるかは分かりません。

ただ今回の判例でもともとオンラインカジノをプレイしていたユーザーたちは一様に安堵を覚えたことだと思います。

 

管理人個人としては、オンラインカジノがもしも違法となるとそのほかのパチンコなどの賭博はどうなるのかと思ってしまいますが・・・

日本政府も積極的にカジノ法案をまとめようとしていることですし、今後追い風になっていくことは間違いないでしょう。

 - オンライン カジノ 違法 , ,